興味あること

興味深いことをいろいろと。

【物理】方位磁石は、北ではなくて、地面を指している

f:id:kyoumi_arukoto:20200109200154g:plain
方位磁石は、北ではなくて、地面を指している。

そのため、コンパスの南側の針は、バランスを取るために、長くなっていたり、重りがつけられたりしている。

下向きの角度のことを伏角というが、千葉県館山市(北緯35度)では、伏角は47.5度となっている。

またこの伏角は、北へ行けば行くほど角度が強まるため、北極では針は真下を向く。

また日本のコンパスは、オーストラリアに持っていっても使うことができない。

南半球では伏角が南向き(逆向き)になるため、針の重りは北側につけないとバランスが取れないためである(南半球のコンパスはそうなっている)。

ちなみに赤道ではコンパスは水平になる。

また地磁気のS極とN極は、地球の歴史上何度も反転しているが、なぜそうなるのかは不明とされている。

ちなみに地磁気は、あと2000年ほどしたら消滅する。

その時、地球に何が起きるかは、起きてみないとわからない。

ちなみに、海洋性プランクトンの放散虫(2種)は、地磁気消滅のタイミングで2度絶滅している。

【社会】昭和30年頃、ビル暖房には石炭が使われていたため、いたるところから黒煙が立ちのぼり、東京の空は、太陽が見えなくなるほどの黒いスモッグに包まれていた

f:id:kyoumi_arukoto:20200108224958g:plain
昭和30年頃、ビル暖房には石炭が使われていたため、いたるところから黒煙が立ちのぼり、東京の空は、太陽が見えなくなるほどの黒いスモッグに包まれていた。

そのため東京都は「ばい煙防止条例」を制定。

ビル暖房には重油燃料が使われるようになった。

黒煙被害はなくなったが、昭和30年代後半から亜硫酸ガスの濃度が急激に高まり、「白いスモッグ」による健康被害が続出したため、さらなる対策に追われることとなった。

昭和40年代になると、隅田川の汚染は非常に厳しいものとなり、沿岸の金属類は片っぱしから錆びついていた。

BODという水質指標がある。

水中の微生物は酸素を使って汚れを分解するが、この汚れ(有機物)を分解するために必要とした酸素量のことをBODという。

簡単にいうと、一番きれいな水のBODが0ppmで、数値が上がるにつれて水質は悪くなる。

隅田川のBODは、30ppmだった。

飲料用水の基準は、3ppm以下。
悪臭が始まるのが、10ppm以上。

コイやフナは、5ppmを超えると死んでしまう。
アユはもっと弱くて、3ppmを超えると死んでしまう。

目黒川のBODは、隅田川よりもひどく、75ppmだった。

綾瀬川(埼玉〜足立区)のBODは100ppmで、壊滅的な数値となっていた。

下水処理場の設備も貧弱で、下水処理後、川に放流された水のBODは、20ppmだった。

河川の水質改善や、下水処理場の増強には時間がかかるため、これらの河川の沿岸では、悪臭や金属類が錆びつく現象が延々と続くこととなった。

【動物】牛の鼻輪には磁石がついている

f:id:kyoumi_arukoto:20200109194409g:plain
牛の鼻輪には磁石がついている。

牛は、飼料や牧草にまぎれこんでいるくず鉄(釘など)を飲み込んでしまうことがよくあるため、餌に鼻を近づけた時に、鼻輪の磁石にくず鉄を吸着させることで、胃にくず鉄が入り込むことを防いでいる。

また鉄を飲み込んでしまったときの対応として、プラスチックに包まれた棒磁石を牛に飲ませることもある。

棒磁石は、体内の鉄くずを片っぱしから吸着していき、自然と排出される。

【歴史】昔のオリンピックの種目には「音楽」が含まれていた

f:id:kyoumi_arukoto:20200108220141g:plain
昔のオリンピックの種目には「音楽」が含まれていた。

種目として「音楽」が存在したのは、1912年ストックホルム大会から、1948年ロンドン大会までの7大会。

これらの期間には「音楽」だけでなく、「建築」「彫刻」「絵画」「文学」の種目も存在した。

しかし芸術競技の採点は難しく、採点方法にも疑問の声があがっていたので、芸術競技はオリンピックから除外されることになった。

しかし、オリンピック憲章には「開催都市はかならず芸術展示をすべし」という条文が残されたため、1952年ヘルシンキ大会からは、芸術展示が行なわれている。

ちなみに、競技者のことをアスリートと呼ぶことがあるが、アスリートの語源は「カネを求めて競うもの」(ギリシャ語)である。

【誤認】山岳救助犬の首輪には樽(たる)がついていて、中には度数の高い酒が入っている、という話があるが、そんな事実はない

f:id:kyoumi_arukoto:20200108214423g:plain
山岳救助犬の首輪には樽(たる)がついていて、中には度数の高い酒が入っている、という話があるが、そんな事実はない。

イギリスの画家ランドレーシアは、セントバーナード犬の絵を描いたときに、絵のアクセントとして、樽のついた首輪を描いた。

すると、そのアクセントが独り歩きをしてしまい、山岳救助犬(セントバーナード犬)がつけている樽の中には酒が入っているというエピソードができてしまった。

実際のところ、遭難者(低体温症)に酒なんか飲ませたら、死ぬかもしれない。

ちなみに現在では、飼い犬用アイテムとして、樽つきの首輪を購入することができる。


♯ブログ日数100日目。めでたい\(^o^)/